飛田新地の用語

上がる・下りる(あがる・おりる)

お客様がお店を利用するときにお店に「あがる」という言い方をします。おばちゃんも上がったってや~みたいな言い方をしますね。お客さんが帰られるときは「おりる」という言い方をします。

一見さん(いちげんさん)

お店に初めて来店されるお客さんのことを一見さんと言います。女の子が初めて接客するお客さんに対しても使うこともあります。新規のお客さんのことですね。

一見倒し(いちげんだおし)

お店に初めて来店してもらった新規客をリピートさせることができない対応や接客が悪い女の子に対して使います。

裏壁さん(うらかべさん)

お店、または女の子が気に入って2回目のリピート客のことを裏壁さんと呼んでいます。ちなみに風俗業界でも初めて接客した女の子が気に入ってリピートするときに裏を返すと言います。 飛田新地では「一見さん(新規客)⇒裏壁さん(2回目)⇒なじみさん(3回以上)」と呼び方が変化していきます。

大門通り(おおもんどおり)

飛田新地は場所によって働く女の子の年齢層やお給料などがちがいます。
大門通りは飛田新地の中でも北から3番目にある東西の通りでお客さんの数も多く年令層は20代・30代前半の若い女性のみが稼いでいる通りです。年令層やお給料システムについては青春通り・大門通りも同じです。

料亭のおしごと探し

飛田新地 料亭 求人(大門通りから探す)

お茶を引く(おちゃをひく)

せっかく出勤しても一人も接客することなくヒマな状態のことをお茶を引くと言います。
江戸時代などの昔、お客様がいない暇な芸妓(げいぎ)や遊女に対して茶臼(ちゃうす)で葉茶をひかせたところからヒマを持て余すことをお茶を引くと言うようです。
出勤した日に一人も接客しない帰ることを坊主と言いますが、坊主のことをお茶を引くと言うこともあります。

お局さん(おつぼねさん)

裏通りに多い。在籍年数が長くお店で幅をきかせている女性のことを言います。
優しい女性もいらっしゃる反面、ちょっと意地悪なことをする女性がいると他の女性がお店を辞める理由になることもあります。

角店(かどみせ)

青春通りやメイン通りなど東西の通りには縦筋(たてすじ)と呼ばれる南北の通りと交差しているところにあるお店を角店と呼んでいます。両方の通りからお客さんが流れてくるため見通しもよくお客さんが上がりやすい(お客さんが付きやすい)と言う女の子もいます。

料亭のおしごと探し

飛田新地 料亭 求人(角店から探す)

口開け(くちあけ)

女の子が出勤して一番目に接客することを口開けといいます。お気に入りの女の子の口開けを狙って飛田のお店に来られるお客さんもいます。

験が付く(げんがつく)

出勤したその日に初めてのお客さんがつくことをゲンがつくと言います。

玄関が合う(げんかんがあう)

女の子がおばちゃん(仲居さん)と気が合ったり声かけが上手なときや女の子がキレイにライティングされお客さんが上がりやすいなど、稼ぎやすかったりバッチリはまるお店に使われます。

源氏名(げんじな・げんじめい)

女の子が店で使用する名前のことを源氏名と言いますがキャバクラなどの水商売でも使われていますね。

験茶(げんちゃ)

お店の女の子にお客様が1人でも多く付くよう、マスターやママ、仲居のおばちゃんがゲンかつぎにおごってくれるロボやシンデレラなどの出前ドリンクの事です。

じゃり

お金を持たずに飛田新地に来て歩いているひかやしの人のことを「じゃり」と呼んでいます。「じゃり」は大阪弁でにくたらしい子供という意味ですが女の子を見るだけのひかやしに笑顔を振りまく女性の身にもならないといけません。

青春通り(せいしゅんどおり)

飛田新地は場所によって働く女の子の年齢層やお給料などがちがいます。
青春通りは飛田新地の中でも一番北側にある東西の通りで年令層は20代・30代前半の若い女性のみが稼いでいる通りです。お客さんの数もとても多く稼げる金額も飛田新地ではメイン通りなどとならんでトップクラスの通りですがライバルも多いです。年令層やお給料システムについては青春通り・大門通りも同じです。

料亭のおしごと探し

飛田新地 料亭 求人(青春通りから探す)

対面店なし(たいめんてんなし)

通りをはさんだお店の玄関が向かい合っていないことを言います。お向かいの女性と常に目が合わなくてすむだけでなく、お客さんが通りをはさんでどちらかを選ぶことがない分チャンスロスがないなど、けっこう気にする女の子が多いです。玄関が多少でも真正面からずれているだけでも良いとされています。

料亭のおしごと探し

飛田新地 料亭 求人(対面店なしから探す)

縦筋(たてすじ)

青春通りやメイン通り、大門通りなど有名な通りを縦につなぐ筋を縦筋と呼んでいます。お姉さん通り(裏通り)のエリアでは縦筋という言い方はあまり使われないようです。

料亭のおしごと探し

飛田新地 料亭 求人(たて筋のお店から探す)

なじみさん

お店についている常連のお客さんのことを言いますが、女の子についている常連さんがいる場合も同じようになじみさんと呼んでいます。
飛田新地では「一見さん(新規客)⇒裏壁さん(2回目)⇒なじみさん(3回以上)」と呼び方が変化していきます。

年金通り(ねんきんどおり)

飛田新地は場所によって働く女の子の年齢層やお給料などがちがいます。
年金通りは大門通りより南側にある裏通りの一部で年令層は30代メイン、40代以上の女性もいますが最近は20代の女性も見られるようになりました。お給料システムについては女の子によって接客時間が長かったりするようです。若い男性だけでなく年令層の高いお客さんや常連客の多い稼ぎやすい通りです。妖怪通りと合わせお姉さん通りという言い方をすることもあります。

早下ろし(はやおろし)

決められた時間より短くお客さんのとの接客を切り上げてしまう状況のことを言います。
飛田新地は5分刻みで料金もどんどん高くなるシステムなだけに早下ろししてしまうとクレームになることも。

一人座り(ひとりすわり)

お店の女の子が一人だけしかいない時間帯などで使われます。「平日は夜から一人座りだった」「あのお店は基本一人座りのシステム」という使い方をします。
待機する時間がない分たくさん稼げるチャンスだと思いますが、お店の売上が女の子一人によって決まることからプレッシャーもありそう。

ひやかし

あがる気もなく見物だけで歩いている人のことです。ひやかしの人を「まいど」と呼ぶことも多いです。
また男性と女性の団体で観光目的で歩いている場合なども飛田新地ではひやかしとして冷たい扱いをされます。

太客(ふときゃく)

なじみさんの中にはお店に10万円をポンと渡され「おまかせで」と依頼されるようなリッチなお客さんを太客と呼んでいます。
太客といっても1日に何人も来られるわけでもありませんのでお店側もどの女性をつけようか緊張したり迷ったりされることもあるとか。
またお店のなじみさんではなく気に入った女の子に対してのなじみさんが貸し切りにするため10万円とか20万円を使って遊ばれる場合も太客と呼んでいます。
太客はキャバクラなど水商売用語としても使われますね。

坊主

出勤した日に一人も接客せず稼げないで買えることを坊主と言います。
お客さんの少ない時間帯や雨などの天気だけでなく出勤時間があまりに短すぎると坊主になることがあります。

まいど

あがる気もなく見物だけで歩いているひやかしの人のことを「まいど」と呼んでいます。

ミテコ

身分証明(ミ)が提示(テ)できない女の子(コ)の略語です。飛田新地では20才以上の女の子じゃないと働けません。身分を証明するものとしては本籍地つきの住民票、マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、特別永住者証明書、住基カード(有効期限は発行から10年、2015年末で発行終了)などがあります。

メイン通り(めいんどおり)

飛田新地は場所によって働く女の子の年齢層やお給料などがちがいます。
メイン通りは飛田新地の中でも北から2番目にある東西の通りで年令層は20代・30代前半の若い女性のみが稼いでいる通りです。
お客さんの数もとても多く稼げる金額も飛田新地では青春通りなどとならんでトップクラスの通りですがライバルも多いです。年令層やお給料システムについては青春通り・大門通りも同じです。

料亭のおしごと探し

飛田新地 料亭 求人(メイン通りから探す)

妖怪通り

飛田新地は場所によって働く女の子の年齢層やお給料などがちがいます。
妖怪通りは大門通りより南側にある裏通りの一部で年令層は30代メイン、40代以上の女性もいますが最近は20代の女性も見られるようになりました。お給料システムについては女の子によって接客時間が長かったりするようです。若い男性だけでなく年令層の高いお客さんや常連客の多い稼ぎやすい通りです。年金通りと合わせお姉さん通りという言い方をすることもあります。

飛田新地のお仕事を探す